Audio Reference Inc. www.audiorefer.com
UpdateAbout usProductsNews releaseContactHome

HANSS acoustics
Riigid TurntableT-20

製品一覧に戻る
T-20の主な特長

■プラッター
アナログプレーヤー(ターンテーブル)にとって最も重要視される構造の一つはプラッターを如何に滑らかに回転させる構造か、といわれています。 T-30は厚さ40mm、重量5.2KgのソリッドCNCアルミニウム加工によるブラックアノダイザー仕上げのプラッターを搭載し、これによりあらゆる外部からの共振を最小限に、また本体から伝送されるノイズ、振動等を低減し、ターンテーブルの慣性質量を最大限に生かす構造です。
  ■ベアリング
重さ5.2Kgのターンテーブルをスムーズに回転させるために、Magnetic Suspention Low Friction Bearing with Stenless Steel Ballを取り入れています。プラッターをうけるシャフトの下部と軸受けの上部に強力なマグネットを使用することにより、軸受け部のフリクションロスが少なくなり、掛かる負担を軽減できます。また、スピンドル部には軽量、高剛性のセラミック素材を採用。これにより、プラッターを滑らかにかつ安定した回転をさせる構造としています。


  ■シャーシ
振動に弱いアナログプレーヤーにとって、その対策は最大の課題の1つです。 T-20のシャーシは振動の減衰及び発散に高い効果をもたせるため、4mm厚のブラッシュアノダイザー仕上げのアルミニウム2枚の間に20mm厚のブラックのアクリル板を3層に積層した重量12Kgのサンドイッチ構造。 また、このシャーシ及びプラッターを支えるために、アルミ削り出し3点支持構造のMagnetic Suspension Adjustable Feetを使用しています。 その構造はベアリング形状の半球型接地部とアルミ製のケースから成り立っており、ベアリングのズレを防ぐ為に中心にセラミック製のガイド用シャフトを取り付け、ベアリング本体とケースをマグネットによってフローティングさせるという特殊構造を採用しています。 このMagnetic Suspension Adjustable Feetを3点支持で使用することで、外部共振及びターンテーブルの回転振動を減衰する特殊な設計になっております。

■モーター
モーターは、ターンテーブルから伝わる振動を嫌ってスタンドアローン(独立型)のカスタムメイド・ACシンクロナス・モーターを1基、3本のシリコンベルトで駆動する方式を採用しています。 モーター本体は欧州製のカスタムメイドでシャフト部はセラミック製となっており、これをオリジナルのアルミケースに封入。回転振動による影響を低減させます。 また、ベルトをシリコン製3本を使用することで、ターンテーブルの共鳴を制御しています。
  ■スピードコントロール
T-20にはモーターへの電源供給/スピードコントロールを兼ね備えたSC-10コントローラーを付属。主電源のON/OFF、33/45回転の切替やそれぞれのスピードの微調整が可能です。 回転数の測定には独自の「G.R.S」(Generate Rotate, Synchronize)システムを採用。 光学式の測定方式と液晶によるデジタル表示により、精度の高い回転数の測定が可能です。 また、システムの電源をあえてバッテリー駆動とし、クリーンな電源を使用することでシステム自体の精度を高めています。


T-20の主な仕様

駆動方式 シリコンベルトドライブ3本
回転数 33.333/45.555 回転スイッチ切替
電源 AC100V 50/60Hz
重量 ターンテーブル5Kg / ベアリング0.2Kg / モーター2Kg / シャーシ12Kg
SC-10コントローラー1.2Kg
付属品 ・ストロボスコープ
・ディスクスタビライザー
・ターンテーブルシート(コルク製)
希望小売価格 480,000円(税別) トーンアーム別売
Copyright(c) 2005 Audio Reference Inc. All Rights Reserved.